ローンを利用したこと無い人必見!利用前に担保にできるものを確認しましょう

不動産を担保にする場合に押さえておくと良い情報

不動産購入などをする際、たとえ頭金でも高額な金額が必要となり、手元に資金が無ければローンを組むのが選択肢の1つになります。とはいえ、金融機関も返済が見込めない人とはローンを組みません。金融機関が貸し倒れをするリスクを防いだり、債務者が少しでもローン返済の負担を軽減したりする目的で、担保が求められるはず。ローンは大きく2種類あるので確認をしてください。

不動産や自動車のような資産価値のある物は物的担保。法律では担保物権と言われており、抵当権や質権などが該当します。ローンを組んだ後に返済不能な状態に陥っても、担保で返済に充てることができます。特に住宅ローンであれば、すぐに競売の手続きを行うケースが多いようです。

保証人のような債務者に変わって返済をする方法が人的担保。連帯保証人を組むと、たとえ顧客が返済不能な状態になった時には、代わりに返済をしなければなりません。しかり、人的担保は誰でも良いわけではなく、年収や資産などがローンを組むのに見合う資金力がないとつけることはできません。

担保をつけることができれば、高額なローンを組むことになっても、融資を受けられる可能性が増します。金融機関が提供する商品の中で、担保があると低金利になるケースもあります。自分の生活が厳しくならない程度に活用できれば、生活の助けになるかもしれません。

このサイトでは、担保の種類などの情報を詳しく紹介するので、確認を進めましょう。各種参考にして、金融機関をはじめニーズに合う相談機関を利用するのをオススメします。

最初に物的担保と人的担保の確認をしましょう

資産価値のある不動産を所有している人は、それを担保に入れるのが可能です。無担保でローンを組む場合よりも低金利で利用できたり、高額な融資が受けられたりするのが大きな強み。生活の選択肢が拡がるのが期待できます。しかし、返済が苦しくならないようにするための対策は欠かせません。

人を担保にするのもアリだが誰でも良いわけではない

ローンを組みたくても、人によっては物的担保が間に合わない場合があるでしょう。その際に、人的担保を利用するのも1つの方法。資金力や社会的地位などを持つ人がいれば、担保に入れるのが可能です。しかし、金融機関がローンを提供する場合に審査があるので、誰でも良いとは限りません。

他にも担保になりそうなものとは?

資産価値のある不動産や人的担保があれば、ローンを組む際に1つの武器になります。しかし、他にも担保になりうるものが身近にあるかもしれません。上手に活用すれば、返済の負担軽減以外に高額な融資を受けられる可能性が出ます。各種参考にして、自分に合う担保を見つけるのはいかがでしょうか。

トップへもどる