ローンを利用したこと無い人必見!利用前に担保にできるものを確認しましょう

>

人を担保にするのもアリだが誰でも良いわけではない

人的担保の種類を確認

さまざまな理由で返済不能に陥った場合、資本力のある人を人的担保にすると、代行で返済をしてもらえます。複数の種類があるので、確認しましょう。

通常の保証人だと催告の抗弁権主張が可能で、返済請求の拒否ができます。一方、連帯保証人は催告の抗弁権が認められず、債務者に代わり返済をしなければなりません。多くの金融機関の場合、連帯保証人にローン返済の請求は、あくまでも最終手段の目的で利用します。

企業経営者が融資を受ける場合、経営者個人が連帯保証人になるのが経営者保証があります。企業経営悪化などの理由でローンの返済が困難な時には、経営者が返済を行う流れ。ただし、不動産のような資産価値が無いと審査に通過するのが困難です。また、融資を受けた後に金融機関に財務情報の開示をするなど、ガイドラインに沿った対応を行うのも欠かせません。

身近な人へ人的担保をお願いする場合

ローンを組む目的で、身近な人へ人的担保を依頼する場合、最初から良い返事をする人はいないはず。依頼する側も、少なからず気を遣うでしょう。日頃からの付き合いや信用度も大事ですが、ローンの使用目的や返済期限についても明確に伝えてください。最初は難しいかもしれませんが、人によっては誠実に行うことにより、きっと理解が得られます。

人に依頼するのは難しい場合、保証会社に依頼するのは1つの方法。しかし、別途保証料金は掛かります。金融機関と保証委託契約を結び、代理で保証会社が支払う流れです。概ね金利の支払いが3回以上できなかった時に、保証会社に請求が行きます。貸し倒れのリスクが減るため、金融機関にもメリットはあります。

なお、債務者や保証人が高齢の場合、ローンを組むのが困難です。若い世代も離婚のようなライフスタイルの変化に伴い、返済が困難になる可能性が出ます。各種利用は計画的にしましょう。


この記事をシェアする

トップへもどる